台湾の東北海岸に
九份の金鉱山

ポスタの老夫婦は私のおぼあちゃん、 おじちゃんです。
おじちゃんは以前九份で金鉱を掘る
為の工具を作る鍛治屋をしていました
おじちゃんは茗い頃、ハンサムでプレイポ一イで よく酒場通いした。
おぼあちゃんは九份でま有西な気性の激 しい女性で。
包丁お片手に,よく酒場へおじいちゃんお連れ 房しこ行フたそうです
私が子供の頃,おぼあちゃんはいもこうこば していました。
吏員役人が厳しほど,かえっ て盗賊が大きな罪おすように。
私がおぼあちゃんにうるさし,言えば言う はど遊びに行,てくまう。

 

阿妹に関して

 

 

阿妹の心のこもつた話.....
あなたの好奇心お駆使するためた,
コの店の主人は客家人だと思つてかもしれない!
まに,ある人は酒屋と誤解した。
違います,黄金時代の九份,
母親は娘お三人連続に出産した。
ただし,あの時代は息子が黄金よりもつとも貴重だかゆ,
母親は毎日神様た祈つて,
一人の息子お賜ねつて戴けたいと期待した。
おかげ様で,二年後,おとうとおうむわた,
私達はうれしいか,悲しいか,
また不平の気持が少しはうずつて来た....

 

阿妹の2階建ての茶屋の名称の由来、店の主人の母ため続けて3人の娘を生んで、両親が1を得たいのが男性で、だから3つ目の娘を「阿妹」と呼んで、家の中の最小の娘で、その後やはり1得るのが男性だ。阿妹の2階建ての茶屋は崎を立てるに途中であって、九フンの元からある特色を保留するため、外観の建築材料はすべて木でつくって、そして濃厚な日本式建築の風格を持っていて、赤色の看板を下に敷いていて、もし「阿妹の2階建ての茶屋」婉は座って途中での中で崎なまめかしくはにかむ若い奥さんを立てている。

2階建ての茶屋は現在所在地は以前に祖父の開いたのが鉄を鍛えて敷くので、その時九フン地区の鉱山労働者だけのために各種の道具を製造して、九フン地区の観光する栄えている後、阿妹は従ってその過去お茶の坊経験を経営して、現在所在地を2階建ての茶屋に改築して、広々としている空間があって、九フン地区の代表性の建築物と1番早い茶芸館の中の一つで、地理(学)の位置がちょうど良くて、視野はきわめて良くて、一テーブルごとにすべて山の海の美しい景色まで(に)鑑賞することができます。2階建ての茶屋に入った後に、1列の酒の瓮順列のなる柵の竿を見ることができて、階段に沿って上へ、第一が目のに入るのは3つの巨大な日本の能のマスクです。2階建ての茶屋はものの2母屋の両側の棟に分けて、東廂は主にお茶の観光客、西廂サービスを飲んできき酒をしておよび、有機養生手製で点心の観光客を享受するのにサービスします。東の母屋の両側の棟はまだ中小型団体の集まったのを提供できて使う地下室があって、ビルを突いて露天区に到達することができます。西の母屋の両側の棟は頂ビル団体の会食する区に到達して、そして東の母屋の両側の棟の露天区と通じ合っています。

阿妹の2階建ての茶屋に入ってまるで1段の時空の過程を通り抜けて、館内の家具は飾り付けて日ようだ時代の古い風を治療して、古色ただよっている装飾品、整然と並ぶ竹細工の入れ物、至る所東方の文化の息にわかって、その上空気の中で伝来するひとしきりひとしきりのお茶がよい匂いがして、人に台湾の古くて早い時代の錯覚に身を置きがいさせます。たくさん特色の装飾品があって、すべて阿妹が世界各地にあまねく歩いて探し集めてきたので、通って一定の時間の季節にある程度変化を調整しますと。

お茶の坊の外観はすべて木の板を採用して、九フン地区の元からある特色を維持します。しかし観光客に広い空間の感覚を享受させるため、わざわざ大型の窓で伝統の小さい窓に取って代わります。九フンのが雨が多いが木のプレートの湿っぽくやすい損傷を譲って、当店は3年ごとに一回修繕して、しかしこのような方法はとても値打ちがあります。理念或いは芸術を経営して、すべて伝統の枠に限らないで、一回がまたまた革新を突破するのです。

店の内で主にお茶を入れて茶を賞味してと茶芸模範を示しを提供して、現在加減する飲み物と特色の食事点もあります。制限して手製で茶と菓子、80%はすべて店が自分で手製で精製して醸造するので、例えば"お茶の餅"は客を結んで現在注文して現在して、ゆったりしている外皮は香の暑いお茶のあんを巻いていて、つまり入口は溶けて、香ばしくて美味しいです。別に歯ざわりが良い濃いサトイモの良いサトイモがあって、純粋で新鮮な乳の変調して、制限する雪の蒸し菓子など。養生の美容する飲料例えば広西チワン族自治区の花蜜、ハスの花茶など、すべてきわめて若い女性に歓迎させられます。阿妹のただ形成する桂花茶の酒、全行程で有機的な原料を採用するので、つぶす時労働者をつぶしてお茶、酒、香の兼備する"お茶の酒"を醸造して、ホットやアイスの飲み物は全て良くて、なじみの客が必ず物を注文するのです。

  

お茶の紹介

  

  

信頼認定

  

 

阿妹の2階建ての茶屋は顧客に最も安全な食品を楽しませを堅持して、だから私達の茶はすべて自分で生産販売するので、

その上すべてSGS認証を経るので、あなたに飲ませる時食の安全を心配する必要はありません。

喜びしかも楽しい気持ちがある下さい、安心したのはあなたの準備したお茶の品物のため阿妹を楽しみます!!

  

風景の紹介

  

 

阿妹の2階建ての茶屋は九フンの珍しい並ぶ窓設計を採用して、光線を作って建物中自由で往来が頻繁で、

ダンスの普通な雰囲気のようで、日本のアニメーション《千と千尋の神隠し》の創作のインスピレーションの中の一つになります。

2階建ての茶屋はまた(まだ)たくさんの独特なマスクを並べて、そして興味を提供して酒がちょっと1杯やってリラックスすることができるのを加減して、女将さんの客に対する意図を満たしました。

Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  
Product Gallery

  •  

  

マスコミの報道

  

 

国内外のメディアの阿妹の2階建ての茶屋に対する報道に感謝して、私達は初志を維持して、あなたに最も完璧な観光が思い出しをあげます!

view Gallery

  •  
view Gallery

  •  
view Gallery

  •  

最新ニュース

お問い合わせ

 

※観客のニーズに応じて、オンライン予約を設けずに、私を許してください※

  • 阿妹茶樓
  • 22448 新北市瑞芳區豎崎路市下巷20號
  • (02)2496-0833
  • 平日、日:8:30-24:00
  • 星期五:8:30-1:00
  • 星期六:8:30-2:00
  • amay.teahouse@gmail.com